キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索 (
HOME > おすすめの楽譜

おすすめの楽譜

【35周年記念オンラインセミナー】小室敬幸オンライン講座 「楽譜」とはいったい何か?〜その歴史と未来

【35周年記念オンラインセミナー】小室敬幸オンライン講座 「楽譜」とはいったい何か?〜その歴史と未来

音楽の演奏に欠かせない「楽譜」ですが、私たちにとってその存在は当たり前すぎて、あまり深く考えることはないのではないでしょうか?今回、私どもの取り扱っておりますその「楽譜」というものについて、より深く知っていただけるセミナーを企画いたしました。
講師の小室敬幸先生は、大学時代には池辺晋一郎、伊左治直の各氏に作曲を師事。現在は音楽ライターとして一柳慧、久石譲、西村朗、フィリップ・マヌリ、エリック・ウィテカー、マックス・リヒターなど、国内外の著名作曲家へのインタビュー記事を手掛けられています。他にも多くの音楽誌や演奏会・CDのプログラムノートへ寄稿されるほか、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」に度々出演して映画音楽の解説をされるなど各方面で活躍されています。このセミナーでは小室先生から、「楽譜」の歴史を中心に、「楽譜」とはいったい何なのか、そしてこれから「楽譜」はどうなっていくのかについてお話しいただきます。
 
《講師メッセージ》
このセミナーでまずお伝えしたいことは「楽譜が発展してきた歴史は、西洋音楽の歴史そのもの」だということ。音楽をテキストとして記録する「記譜法」の発展と音楽様式の変遷がいかに密接に結びついているのかを、1000年にわたる音楽史を概観しながら分かりやすく解きほぐしていきます。加えて、現在も標準的な書法として広まっている「五線譜」による記譜法が必ずしも万能なものではないこと、その問題意識から新たな音楽表現や記譜法が生まれた事例も取り上げます。それにより受講者の皆さまが今後、楽譜に縛られすぎず、より自由に音楽と向き合えるようになることを目指します。(小室敬幸)

日程 2021年10月24日(日)
※パナムジカでの受付は10月23日(土)10時まで
時間 10時30分〜12時00分(90分)
受講料 1,000円
講師 小室 敬幸(音楽ライター)
講座内容
・中世からルネサンスへ:ネウマ記譜法の発展
・ルネサンスからバロックへ:五線譜とは何か?
・楽譜は音だけでなく思考を記録する:音楽理論の追求から絶対音楽へ
・「フィールドワーク」と「持ち運べる音/持ち運べない音」:五線譜の限界を知る
・五線譜よりも使い勝手の良い記譜法は生み出せるか?:記譜法の可能性
 
その他のオンラインセミナーにつきましては特設ページからご確認ください♪

この商品の詳細、ご購入はこちら

東京混声合唱団 大阪公演チケットお取り扱い中!

東京混声合唱団 大阪公演チケットお取り扱い中!

日本の誇るプロ合唱団・東京混声合唱団の大阪公演のチケットを現在お取り扱い中です!
今回の公演では珠玉の名曲である高田三郎『水のいのち』、新進気鋭の作曲家・首藤健太郎による委嘱作品『ソナタ第3番』の初演の他、長い歴史を持つプロの交響吹奏楽団・Osaka Shion Wind Orchestraを迎えてラター『グローリア』の金管アンサンブル伴奏版が披露されます。

公演名 東京混声合唱団 いずみホール定期演奏会No.26
         〜Osaka Shion Wind Orchestraを迎えて〜
日時 2021年10月30日(土) 開場15:00 開演16:00
会場 住友生命いずみホール
出演 高谷光信(指揮)、東京混声合唱団(合唱)、
   酒井有彩(ピアノ)、中山幾美子(オルガン)、
   Osaka Shion Wind Orchestra(金管アンサンブル)
プログラム
 高田三郎:混声合唱組曲「水のいのち」
 首藤健太郎:混声合唱とピアノのための「ソナタ第3番」
                      (委嘱初演)
 J.ラター:グローリア(金管アンサンブル伴奏)
チケット S席:4,500円 A席:3,500円 B席:2,000円
 
※全席指定席です。
※座席はご指定いただけません。
※お客様ご都合によるお申し込みのキャンセル・チケットの返品は、一切お受けいたしかねますので予めご了承ください。

この商品の詳細、ご購入はこちら

第7回日本国際合唱作曲コンクール入賞作品出版!

第7回日本国際合唱作曲コンクール入賞作品出版!

新たな合唱レパートリーの創作による合唱音楽の振興を目的とし、2015年より開催されている日本国際合唱作曲コンクール(ICCC)。
これまでに入賞作から13作品が出版されたほか、第4回以降は東京国際合唱コンクール《現代音楽部門》の課題曲が受賞作から合わせて選ばれるなど、本コンクールを通じて数々の優れた合唱作品が誕生し、国際的な広がりを見せています。
  
第7回目となる今年は、これまでで最も多い世界36か国・全137曲の応募作の中から選ばれた入賞作品に加え、今回は佳作も発表され、パナムジカからは第1位入賞作品が出版されました。また今回は、この第1位の作品が2022年の東京国際合唱コンクール課題曲となることも発表されています。
  
先週8月22日(日)には軽井沢大賀ホール(軽井沢国際合唱フェスティバル2021内)にて入賞作品演奏会が開催され、1〜3位までの入賞作品が初演されました。
今後世界に広まっていくこれらの作品、ぜひあなたの合唱団でも取り上げてみてください。

--*--*-- ICCC歴代1位入賞作品 --*--*--
第1回 DE GIACOMETTI, Raffaele作曲
「Ave Maria on the Enigmatic Scale for Mixed Chorus a cappella」

第2回 TAS, Rudi作曲
「Ave Regina for Mixed Chorus a cappella」
 
第3回 第1位なし
 
第4回 CORDERO, Carlos作曲
「Ave, Regina Caelorum for SATB div. unaccompanied」
 
第5回 MAGISTRALI, Matteo作曲
「Salve regina Marian antiphon for SATB」
 
第6回 ANDRONE-NAKANISHI, Sebastian作曲
「The Pilgrim Soul for Mixed Choir」

『第1位入賞作品』
●タイトル「Under the Sea」 for SATB a cappella
作曲者 Juyoung CHOI (韓国 1997〜)
出版社 Pana Musica
パナムジカコード GC2799D
税込価格 660円
声部 SATB
伴奏 無伴奏
言語 英語
時間 2分50秒
 
ICCC入賞者では初となる韓国出身の現役大学生、チェ・ジュヨンによる無伴奏混声合唱曲です。
19世紀に活躍したアメリカの詩人ファニー・イザベル・シェリックの「Under the Sea」(同題の映画主題歌とは全く別の詩)をテキストに、9/8と6/8拍子が交互に繰り返される音楽は、寄せては返す波のようなモチーフが随所に表れます。Moderato calmandoのほどよいテンポ感の中、mfpやmpppなど繊細な強弱表現があったり、ffの力強いホモフォニーで音楽が進んだりと様々な手法が使われており、歌うものも聴くものも飽きさせません。歴代のICCC入賞曲の中では難易度も高過ぎず、美しい小曲をお探しの方に、ぜひおすすめです。
「海の底にはどんな宝物があるのだろう」と青く澄んだ海を想像しながら、ぜひあなたの透明感あふれる歌声を響かせてみてください。
 
【初演データ】
初演:2021年8月22日 軽井沢大賀ホール
《軽井沢国際合唱フェスティバル2021》
指揮:松下 耕
合唱:The Metropolitan Chorus of Tokyo
 
YouTubeにて初演動画をご覧いただけます。
※外部サイトに移動します。
*****************************************
【作曲者プロフィール】
CHOI Juyoung チェ・ジュヨン
1997年、韓国釜山生まれ。現在、ソウル大学校 音楽大学 作曲科に在学中。
2017年第45回パン・ミュージック・フェスティバルに参加し、2台の散調伽耶琴(サンジョカヤグム)と杖鼓(チャング)のための作品 “Gradual for 2 sanjo gayageums and a janggu” が演奏される。2021年3月にはコンサート・バンドのための作品 “Hope”がコリアン・ウィンド・オーケストラによって演奏された。
国防部・軍楽隊に1年9か月所属し、軍行事のために、軍歌、ポップス、民謡などの楽曲をコンサート・バンド、オーケストラ、ピアノ五重奏といったアンサンブル向けに編曲した経験をもつ。

この商品の詳細、ご購入はこちら

コン・コン・コンサートから生まれた話題作「ボクはウタ」

コン・コン・コンサートから生まれた話題作「ボクはウタ」

Covid-19の感染拡大によって困難が続く合唱活動を、なんとかみんなで盛り上げていきたいと、東京混声合唱団の呼びかけにより一般公募された245作品から選ばれた詞がこの「ボクはウタ」です。東混のレジデントアーティストである信長貴富が発案し、自らが作曲、東混による初演が5/8コン・コン・コンサート2021一関特別公演で行われました。
 
ウタの視点から書かれた、今までにありそうでなかったユニークな着眼点や、素朴なことばの中にも時代を捉えた鋭さがあることが選ばれた理由の一つだそうですが、確かに、そこに書かれる一言ひとことは、どんな状況下であっても私たちの愛する「歌」がいつもそばにいることを思い出させてくれる心温まる歌です。
 
何度も繰り返し歌われる「ぼくは歌」。キャッチーで、思わず一緒に口ずさみたくなるようなメロディーです。愛唱歌を目指して書かれたということで、難易度もそれほど高くなく、幅広い合唱団で取り上げやすくなっています。5分35秒と少々演奏時間が長いですが、5分や3分30秒など短縮演奏例も書かれており、様々なシーンで歌うことができるでしょう。ぜひ、あなたの合唱団の愛唱歌にしてください。

●タイトル 混声合唱曲「ボクはウタ」
作曲者 信長 貴富
作詞者 江村 美紀
出版社 Pana Musica
パナムジカコード GZNBTBY
税込価格 990円
声部 SATB
伴奏 ピアノ伴奏
言語 日本語・ローマ字
時間 5分35秒
  
******************************************
【初演データ】
初演:2021年5月8日
一関文化センター 大ホール
《コン・コン・コンサート2021 一関特別公演》
指揮:原田 慶太楼
ピアノ:鈴木 慎崇
合唱:東京混声合唱団
******************************************

この商品の詳細、ご購入はこちら

女声合唱曲「ボクはウタ」

女声合唱曲「ボクはウタ」

作曲者 信長 貴富
作詞者 江村 美紀
出版社 Pana Musica
パナムジカコード FZNBTML
声部 SSA div.
伴奏 ピアノ伴奏
言語 ローマ字付
時間 5分35秒
----------------------------------------------------------------
【初演データ】
初演:2021年7月11日
早稲田奉仕園スコットホール
《女声合唱団ぴゅあはーと9th Concert》
指揮:山脇 卓也
ピアノ:須永 真美
合唱:女声合唱団ぴゅあはーと
 
初演団体のご協力により、初演音源をYouTubeでお聴きいただけます。※外部サイトへ移動します。

この商品の詳細、ご購入はこちら

男声合唱曲「ボクはウタ」

男声合唱曲「ボクはウタ」

作曲者 信長 貴富
作詞者 江村 美紀
出版社 Pana Musica
パナムジカコード MZNBTAI
声部 TTBB
伴奏 ピアノ伴奏
言語 ローマ字付
時間 5分35秒
----------------------------------------------------------------
【初演データ】
初演:2021年6月19日
スターツおおたかの森ホール
《合唱団お江戸コラリアーず ミニコンサート2021》
指揮:山脇 卓也
ピアノ::村田 雅之
合唱:合唱団お江戸コラリアーず
 
初演団体のご協力により、初演音源をYouTubeでお聴きいただけます。※外部サイトへ移動します。

この商品の詳細、ご購入はこちら

「群青」女声三部版 待望の出版!

「群青」女声三部版 待望の出版!

東日本大震災の復興支援コンサート「Harmony for JAPAN」において小高中学校特設合唱部が初めて「群青」を演奏したのは2013年3月のことでした。真実の中から生み出された言葉と音楽は、多くの人の心に沁み入り、今では、全国津々浦々まで広く知られる存在となり、さらにはアジアや欧米など世界中で取り上げられるようになりました。
 
以前より、あったらいいなという声が多く寄せられていた信長貴富編曲の女声三部版が、この度ついに出版となりました。同声二部版では物足りなかった女声(同声)合唱団にも、これにより新たな選択肢が広がったことでしょう。他版と同じく、メロディやコード進行、調の選択や転調の在り方などは原曲譜をほぼそのまま踏襲しています。
 
私たちにとって困難な時期ではありますが、「群青」のもつ人と人との絆や歌の力は不変です。「群青の子」やご自分の中にある大切な友・ふるさとを思いながら、これからもより多くの皆様にこの曲が歌い続けられることを願っています。

タイトル 「群青」 [女声三部版]
作曲者 小田 美樹 (おだ みき)
作詞者 福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生 (構成・小田美樹)
編曲者 信長 貴富 (のぶなが たかとみ)
出版社 Pana Musica
パナムジカコード FZPM00A
声部 SMA
伴奏 ピアノ伴奏
言語 日本語、ローマ字併記
時間 5分20秒
 
【初演データ】
委嘱:天童少年少女合唱団
初演:2020年11月29日
天童市市民文化会館
《天童市合唱連盟 天童コーラスフェスティバル2020》
指揮:佐藤 祐貴
ピアノ:辻 あゆみ
合唱:天童少年少女合唱団

この商品の詳細、ご購入はこちら

「嵐」公式ピアノ楽譜 好評発売中!現在即日出荷可能です♪

「嵐」公式ピアノ楽譜 好評発売中!現在即日出荷可能です♪

嵐を弾くならこれで決まりっ!
デビュー・シングル「A・RA・SHI」から最新アルバム「This is 嵐」までの全楽曲から、嵐の歴史を彩ってきた数々の名曲たち計105曲を5冊(各21曲)に収めた公式ピアノ・ソロ楽譜集が満を持して発売されました。
 
レベルは中級(中学2・3年生のクラス合唱の伴奏程度)。音の数が少なく弾きやすい曲から、シャープ・フラットが5つ6つ付いている曲まで満遍なく収録されています。今現在ピアノを弾いている方はもちろん、昔習っていたけどこれを機にまたピアノを再開してみようと考えている方にもオススメです。
発表会などで本気で挑むも良し、学校の休み時間やおうち時間に楽しむも良し・・・大好きな嵐の音楽を自らの手で奏でてください♪
 
さらに、16Pにわたってカラーで掲載されているARASHI CHRONOLOGY(年表)もかなり詳細で、資料としてもファン必携の一点となっています。[各巻共通]
 
※アーティスト写真は掲載しておりません。(ジャケット写真の掲載あり)
※合唱楽譜ではございません。

タイトル:嵐/A+5(エー・オーギュメント)
     〜ピアノ・ソロ・エディション〜
     [Vol.1〜5 5巻セット]
ピアノ・アレンジ 青山 しおり
演奏レベル 中級以上
出版社 ドレミ楽譜出版
税込価格 13,200円

この商品の詳細、ご購入はこちら

キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索