キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索 (
HOME > おすすめの楽譜

おすすめの楽譜

新実徳英著『生きることが音楽!』予約受付中!【パナムジカ限定 予約特典有り】

新実徳英著『生きることが音楽!』予約受付中!【パナムジカ限定 予約特典有り】

『花に寄せて』や『やさしい魚』、Nコン課題曲として親しまれた「聞こえる」等々・・・。
これらの楽曲をコンサートで歌ったり、聴いたりしたことのある方も多いのではないでしょうか。
そんな日本中で愛される名曲を生み出してきた人気作曲家・新実徳英が、『教育音楽』2017年4月号〜2019年3月号の2年間にわたって連載していた記事をまとめた書物が8月下旬に音楽之友社より発売されることが決定しました。
 
音楽と出会いふれあってきた幼少期、合唱と出会った高校時代、そして東大に進学したものの音楽を諦めきれず藝大を目指し、そしてプロになるまでの破天荒な半生。
そして、その後作曲家として学び、大成していく中で多くの指揮者や作曲家との“出会い”が彼の人生に、そして生み出される作品にどう影響を与えていったのかが語られた一冊。

紛れもない秀才だからこその度肝を抜くエピソードや、今や著名な音楽家となった仲間や師匠たちと過ごした古き良き時代の武勇伝も満載で、その新鮮で刺激的な内容は、読み手に“音楽”そのものについて、そして“音楽と生きること”について改めて考えさせてくれる、新実ファン必読の内容となっています。
「生きることが音楽!」予約特設ページはこちら

★パナムジカ限定 予約特典
8月8日(日)までに予約お申込みをいただいたお客様限定!
新刊「生きることが音楽!」に筆者・新実徳英先生の直筆サイン&ご予約者様のお名前を入れてお届けします。
このチャンスをお見逃しなく!
 
●タイトル 新実徳英の「生きることが音楽!」
      音、人、自分に出会う
出版社 音楽之友社
パナムジカコード SYTM37B
装丁 四六判 176ページ
発売日 2021年8月下旬予定
目次
 序章 音楽人生、ことのはじまり
 1章 音楽独り遊び
 2章 愉快痛快!高校生活
 3章 東大と音楽、どちらをとる?
 4章 入ってしまった藝大で…
 5章 社会に育ててもらうこと
 6章 独り立ち
 7章 『白いうた 青いうた』
 8章 オーケストラの日々
 作文を振り返る / 子どもたちへ / パンデミックの今
 作品一覧

この商品の詳細、ご購入はこちら

【ご予約受付中】混声合唱とピアノのための3つのうた「空のふもと 風の中」

【ご予約受付中】混声合唱とピアノのための3つのうた「空のふもと 風の中」

東日本大震災後の作曲作品にA.E.(After the Earthquake)を付番し、続く想いを風化させてはならないと訴え、作曲を続ける新実徳英。《つぶてソング》など、被災地や故郷への想いを題材とした作品の続編として、異なる機会に作曲された3つのうたが、同声と混声の合唱曲集としてまとまりました。
〈風土(かぜつち)のうた〉は沖縄久高島のすがたを10年以上記録した長篇記録映画『久高オデッセイ』の挿入歌として作られた作品。〈希望のうた〉は震災後、全国各地で紡いできた『つぶてソングの集い』の10年目を記念して作られた作品。〈風を返して 土を返して〉は『65周年年記念日本のうたごえ祭典・おおさか』にて関西合唱団によって委嘱初演された作品。様々な世代と一緒に歌い、共感したい曲たちです。
混声版・同声版を一緒に演奏することも可能です。
 
※ご予約品・8月上旬発売予定の商品です。新実徳英著「生きることが音楽!」(SYTM37B)と一緒にご予約いただいた場合は、8月下旬にまとめて発送させていただきます。
※その他商品を一緒にご注文いただいた場合は本商品入荷時にまとめてお送りします。何卒ご了承くださいませ。
(先行出荷をご希望の際は“別途送料350円”にて対応いたしますので、ご注文時メッセージ欄にてお申し付けください。)

作曲者 新実 徳英
作詩者 角田 英一、和合 亮一
出版社 音楽之友社
パナムジカコード GZNITHT
発売日 2021年8月上旬予定
声部 SATB
伴奏 ピアノ伴奏
収録曲
 風土のうた A.E.99 / 希望のうた A.E.93 /
 風を返して 土を返して A.E.26

この商品の詳細、ご購入はこちら

【ご予約受付中】同声合唱とピアノのための3つのうた「空のふもと 風の中」

【ご予約受付中】同声合唱とピアノのための3つのうた「空のふもと 風の中」

作曲者 新実 徳英
作詩者 角田 英一、和合 亮一
出版社 音楽之友社
パナムジカコード FZNITHZ
発売日 2021年8月上旬予定
声部 SSA or TTB
伴奏 ピアノ伴奏
収録曲 混声版に同じ

この商品の詳細、ご購入はこちら

コン・コン・コンサートから生まれた話題作「ボクはウタ」

コン・コン・コンサートから生まれた話題作「ボクはウタ」

Covid-19の感染拡大によって困難が続く合唱活動を、なんとかみんなで盛り上げていきたいと、東京混声合唱団の呼びかけにより一般公募された245作品から選ばれた詞がこの「ボクはウタ」です。東混のレジデントアーティストである信長貴富が発案し、自らが作曲、東混による初演が5/8コン・コン・コンサート2021一関特別公演で行われました。
 
ウタの視点から書かれた、今までにありそうでなかったユニークな着眼点や、素朴なことばの中にも時代を捉えた鋭さがあることが選ばれた理由の一つだそうですが、確かに、そこに書かれる一言ひとことは、どんな状況下であっても私たちの愛する「歌」がいつもそばにいることを思い出させてくれる心温まる歌です。
 
何度も繰り返し歌われる「ぼくは歌」。キャッチーで、思わず一緒に口ずさみたくなるようなメロディーです。愛唱歌を目指して書かれたということで、難易度もそれほど高くなく、幅広い合唱団で取り上げやすくなっています。5分35秒と少々演奏時間が長いですが、5分や3分30秒など短縮演奏例も書かれており、様々なシーンで歌うことができるでしょう。ぜひ、あなたの合唱団の愛唱歌にしてください。
 
女声版、男声版の出版も予定されておりますので、そちらもお楽しみにお待ちください。

●タイトル 混声合唱曲「ボクはウタ」
作曲者 信長 貴富 (のぶなが たかとみ)
作詞者 江村 美紀
出版社 Pana Musica
パナムジカコード GZNBTBY
税込価格 990円
声部 SATB
伴奏 ピアノ伴奏
言語 日本語・ローマ字
時間 5分35秒
  
******************************************
【初演データ】
初演:2021年5月8日
一関文化センター 大ホール
《コン・コン・コンサート2021 一関特別公演》
指揮:原田 慶太楼
ピアノ:鈴木 慎崇
合唱:東京混声合唱団
******************************************

この商品の詳細、ご購入はこちら

「群青」女声三部版 待望の出版!

「群青」女声三部版 待望の出版!

東日本大震災の復興支援コンサート「Harmony for JAPAN」において小高中学校特設合唱部が初めて「群青」を演奏したのは2013年3月のことでした。真実の中から生み出された言葉と音楽は、多くの人の心に沁み入り、今では、全国津々浦々まで広く知られる存在となり、さらにはアジアや欧米など世界中で取り上げられるようになりました。
 
以前より、あったらいいなという声が多く寄せられていた信長貴富編曲の女声三部版が、この度ついに出版となりました。同声二部版では物足りなかった女声(同声)合唱団にも、これにより新たな選択肢が広がったことでしょう。他版と同じく、メロディやコード進行、調の選択や転調の在り方などは原曲譜をほぼそのまま踏襲しています。
 
私たちにとって困難な時期ではありますが、「群青」のもつ人と人との絆や歌の力は不変です。「群青の子」やご自分の中にある大切な友・ふるさとを思いながら、これからもより多くの皆様にこの曲が歌い続けられることを願っています。

タイトル 「群青」 [女声三部版]
作曲者 小田 美樹 (おだ みき)
作詞者 福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生 (構成・小田美樹)
編曲者 信長 貴富 (のぶなが たかとみ)
出版社 Pana Musica
パナムジカコード FZPM00A
声部 SMA
伴奏 ピアノ伴奏
言語 日本語、ローマ字併記
時間 5分20秒
 
【初演データ】
委嘱:天童少年少女合唱団
初演:2020年11月29日
天童市市民文化会館
《天童市合唱連盟 天童コーラスフェスティバル2020》
指揮:佐藤 祐貴
ピアノ:辻 あゆみ
合唱:天童少年少女合唱団

この商品の詳細、ご購入はこちら

新版 古楽のすすめ

新版 古楽のすすめ

1998年度日本ミュージック・ペン・クラブ大賞を受賞した名著の増補・改訂。音楽の起源と歴史、そしてどのように発展・変化を遂げてきたかをきわめて簡潔にわかりやすく著した、すべてのクラシック音楽ファン必読の名著である。
今回の増補改訂にあたり、すべての項目に入念な見直しを行うとともに、多くの読者から要望のあった「バロック期の音楽」を、「器楽曲」と「声楽曲」の2章に分けて新たに加えた。とくに「声楽曲」の章では、教会の中で演奏される声楽曲がオラトリオとオペラに分かれ、オペラに発展し成長していく過程がていねいにまとめられるなど、全体として「より自信を持って皆さんに読んでいただける(著者あとがき)」充実した内容となっている。
  
なお、こちらをテキストとしたオンライン講習会が、下記の通り予定されています (主催:株式会社コーラス・カンパニー)。参加ご希望の場合は直接お申し込み・お問い合わせください。
 
□■金澤正剛オンライン講座「古楽のすすめ」□■(※外部サイトへ飛びます)
音楽の仕組み、音階や形式、楽器など、クラシック音楽のさまざまな要素が、どのように生まれ発展し変化をとげてきたのかなど、「古楽」を理解するための“常識”とされる基本的な事柄を、さまざまな音源を交えながらわかりやすく解説していただきます。
通しでの受講をお勧めいたしますが、お好きな回だけを受講いただくことも可能です。
 
講師:金澤 正剛 (音楽学者、音楽史研究者、日本ヘンデル協会会長)
日時:下記の日程にて いずれも19:00〜20:30
第1回 6月16日(水) 古楽とは何か?
第2回 6月30日(水) ムジカの語源について
第3回 7月14日(水) 音楽の理論と実践について
第4回 7月28日(水) 時代の流れについて
第5回 8月11日(水) ドレミ唱法の歴史
受講料:9,000円 (全回通し)  各回2,000円

著者 金澤 正剛
出版社 音楽之友社
パナムジカコード SYTM07C
出版 2010年6月
収録内容
 第1章 古楽とは何か
 第2章 時代から時代へ
 第3章 ミューズをめぐって
 第4章 古代ギリシャからの遺産
 第5章 ド・レ・ミの起源
 第6章 シャープとフラットの歴史
 第7章 古楽の楽器をめぐって
 第8章 バロック器楽曲の発展
      −ソナタ、コンチェルト、そしてシンフォニア
 第9章 バロック声楽曲の発展
      −カンタータ、オペラ、そしてオラトリオ
 第10章 音楽家になる道
 第11章 忘れ去られた音楽について
 第12章 即興演奏について

この商品の詳細、ご購入はこちら

Hanna (ハンナ) バックナンバーのご紹介♪ 【Vol.2】

Hanna (ハンナ) バックナンバーのご紹介♪ 【Vol.2】

ハンナ社から刊行されていた雑誌・ハンナのバックナンバーをご紹介していくこちらのコーナー。
 
今回ご紹介するのは「2017年12月号」。
特集として取り上げられたのは「ロシア音楽について」と「オペラ作品の中で歌われる合唱」について。
発行してから3年経ちますが今でも参考になる資料が豊富です♪

●タイトル Hanna(ハンナ) No.32 2017年12月号
出版社 ハンナ
パナムジカコード  SYHN02F
税込価格 774円
収録内容
HANNA SPECIAL TALK 32 西村 悟
特集1 ロシア音楽に惹かれて…
 歌曲の宝庫 ロシアの作曲家と作品 高橋健一郎
 日本のロシア民謡 伊東一郎
 ボーカル・アンサンブル“ボーカデミア”来日迫る
 ロシア語の発音 堀口大樹
 
特集2 オペラを彩る合唱
 隠れた主役、オペラの「合唱」の魅力 加藤浩子
 藤原歌劇団合唱指揮者 須藤桂司インタビュー
 藤原歌劇団合唱団『ルチア』音楽稽古レポート
 オペラ合唱団員インタビュー
 歌ってみよう! お薦めオペラ合唱曲
 
【連載】
松下耕「僕の人生賛歌備忘録32」
 
巻末楽譜
「行け、わが思いよ、金色の翼に乗って(三部合唱)」ヴェルディ作曲

この商品の詳細、ご購入はこちら

Hanna (ハンナ) バックナンバーのご紹介♪ 【Vol.1】

Hanna (ハンナ) バックナンバーのご紹介♪ 【Vol.1】

ハンナ社から刊行されていた雑誌・ハンナのバックナンバーをご紹介していくこちらのコーナー。
 
今回ご紹介するのは「2017年3月号」。
トップで取り上げられたのは『美しき水車小屋の娘』や『魔王』『白鳥の歌』を生み出した歌曲王・シューベルトです。
彼の歌曲作品にスポットを当て、歌い方や歌とピアノのアンサンブル、個々の魅力について紹介されています。

その他、2017年8月に来日したドイツ実力派男声アンサンブルAmarcordの特別インタビューも2ページにわたって掲載。買い逃してしまっていたファンの皆様、要チェックです!

●タイトル Hanna(ハンナ) No.24 2017年3月号
出版社 ハンナ
パナムジカコード SYHN01X
税込価格 876円
収録内容
【特集1】歌曲王・シューベルト
 
【SERIES】
ネイサン・チェン選手フリープログラム「ダッタン人の踊り」
 〜構成・振付から音楽表現を読み解く〜
佐藤賢太郎(Ken-P)「うたの生まれるばしょ3」
松下耕「僕の人生賛歌備忘録24」
嶋田多華子「合唱のための発声指導法9」
下司愉宇起「あなたの合唱団ズバッと辛口お悩み相談室14」
 
【TOPICS】
挑戦し進化し続ける横浜国立大学グリークラブ

この商品の詳細、ご購入はこちら

「嵐」公式ピアノ楽譜 好評発売中!現在即日出荷可能です♪

「嵐」公式ピアノ楽譜 好評発売中!現在即日出荷可能です♪

嵐を弾くならこれで決まりっ!
デビュー・シングル「A・RA・SHI」から最新アルバム「This is 嵐」までの全楽曲から、嵐の歴史を彩ってきた数々の名曲たち計105曲を5冊(各21曲)に収めた公式ピアノ・ソロ楽譜集が満を持して発売されました。
 
レベルは中級(中学2・3年生のクラス合唱の伴奏程度)。音の数が少なく弾きやすい曲から、シャープ・フラットが5つ6つ付いている曲まで満遍なく収録されています。今現在ピアノを弾いている方はもちろん、昔習っていたけどこれを機にまたピアノを再開してみようと考えている方にもオススメです。
発表会などで本気で挑むも良し、学校の休み時間やおうち時間に楽しむも良し・・・大好きな嵐の音楽を自らの手で奏でてください♪
 
さらに、16Pにわたってカラーで掲載されているARASHI CHRONOLOGY(年表)もかなり詳細で、資料としてもファン必携の一点となっています。[各巻共通]
 
※アーティスト写真は掲載しておりません。(ジャケット写真の掲載あり)
※合唱楽譜ではございません。

タイトル:嵐/A+5(エー・オーギュメント)
     〜ピアノ・ソロ・エディション〜
     [Vol.1〜5 5巻セット]
ピアノ・アレンジ 青山 しおり
演奏レベル 中級以上
出版社 ドレミ楽譜出版
税込価格 13,200円

この商品の詳細、ご購入はこちら

キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索