キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索 (

歌の本 歌の好きな人と歌が苦手なあなたに

歌の本 歌の好きな人と歌が苦手なあなたに

大学・大学院受験、留学、現在教師になってからも「歌うこと」を
勉強してきた筆者の、経験と実践から生み出された「歌がうまくな
る」コツの集大成。実際に歌の実技を教えていてみるみる上手くな
った方法を、惜しげもなく公開する。声楽の生徒や合唱団の指導に
応用すると、音楽が飛躍的に変わっていった実際のレッスンをふま
え、無駄な時間をかけず確実に達成させるにはどうしたらいいか、
その方法=歌の解釈から練習、完成、発表までを文章で分かり易く
まとめた。教える人も、習っている人にも教科書となるもの。単な
る発声本でなく、歌の魅力と深さにも触れる本。

パナムジカコード SYTM77
単価 2,090円※値引き対象外
数量:
  • 作曲者:國土 潤一(こくど じゅんいち)
  • 編曲者:
  • 出版社:音楽之友社
  • 作詞者:
  • 訳詞者:
  • 編成:書籍
  • 声部数:
  • 声部編成:
  • 伴奏:その他
  • 言語1:日本語
  • 言語2:
  • 演奏時間:
  • ページ数:144
  • アーティスト:

曲目リスト

  曲目 作曲者名
1 第1章 「ヴィジョン」編 解釈の深め方 國土 潤一
2 「歌」とは何か? 國土 潤一
3 シューベルトとウェルナーの《野ばら》「音楽」が行うこと 國土 潤一
4 《上を向いて歩こう》のヴィジョン 國土 潤一
5 《翼をください》のヴィジョン 國土 潤一
6 《赤とんぼ》のヴィジョン 國土 潤一
7 《Caro mio ben》のヴィジョン 國土 潤一
8 《An die Musik》のヴィジョン 國土 潤一
9 動律法について 國土 潤一
10 なぜここまで「解釈」する必要があるのか? 國土 潤一
11 「スタニスラフスキー・システム」について 國土 潤一
12 「音楽性」を鍛える練習 國土 潤一
13 「違う」に気付く魔法の言葉 國土 潤一
14 音楽がすること 歌詞と音楽の関係〜『オセロ』と《オテロ》の比較から 國土 潤一
15 「マリア・カラス」から学ぶこと 國土 潤一
16 様式(スタイル)の本質である「よい趣味」への提言 國土 潤一
17 「民族」の違いの課題 國土 潤一
18 「ヴィジョン編」の総括 國土 潤一
19 「ヴィジョン編」の補足『メロ先』について 國土 潤一
20 第2章 「技術」編 國土 潤一
21 機С敕気良習 國土 潤一
22 音符の名前の整理整頓 國土 潤一
23 拍子の名前と構造の整理 國土 潤一
24 移動「ド」と固定「ド」の生む混乱 國土 潤一
25 楽語について 國土 潤一
26 「楽譜を読む」という行為の意味 國土 潤一
27 供А嵌声」の整理整頓 國土 潤一
28 簡単な発声の話 國土 潤一
29 「滑舌」について 國土 潤一
30 ジラーレgirareとは? 國土 潤一
31 「ジラーレ」と軟口蓋について 國土 潤一
32 レガートLegatoについて−sul fiatoの意味 國土 潤一
33 さらにレガートを練習する 國土 潤一
34 日本語の「ん」の表現 國土 潤一
35 「鼻濁音」の価値 國土 潤一
36 声のポジションの入れ替え 國土 潤一
37 「腹式呼吸」について 國土 潤一
38 「ヴェリズモ」以前と以降の発声の「進化」 國土 潤一
39 掘脳へのインプット 國土 潤一
40 倍音と耳の感度の話 國土 潤一
41 練習の目的 國土 潤一
42 技術の脳へのインプット 國土 潤一
43 「技術の脳へのインプット」の注意事項 國土 潤一
44 意識と無意識について 國土 潤一
45 意識と無意識の境界線を超える 國土 潤一
46 再び「練習の目的」とは? 國土 潤一
47 第3章 「統合」編 國土 潤一
48 「演奏」への転換 國土 潤一
49 最高の演奏 國土 潤一
50 「ヴィジョン」の醸成−ロケハンの作業 國土 潤一
51 「ヴィジョン」の醸成から「歌」へ 國土 潤一
52 さらに「歌」へのレッスン 國土 潤一
53 「微妙な声の誤差」に気付く−自分の声の状態を正確に把握するには 國土 潤一
54 「サッバティーニ・メソード」の真価 國土 潤一
55 西洋のメソードと邦楽との接点 國土 潤一
56 音楽にとって一番大切なこと 國土 潤一
57 音楽における「遠近法」の技術を磨く 國土 潤一
58 雑念を払う 國土 潤一
59 「雑念」を払うために練習がある 國土 潤一
60 雑念を払った後に「素敵」が生まれる 國土 潤一
61 「統合」する 國土 潤一

曲目の詳細

  1. 第1章 「ヴィジョン」編 解釈の深め方
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  2. 「歌」とは何か?
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  3. シューベルトとウェルナーの《野ばら》「音楽」が行うこと
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  4. 《上を向いて歩こう》のヴィジョン
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  5. 《翼をください》のヴィジョン
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  6. 《赤とんぼ》のヴィジョン
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  7. 《Caro mio ben》のヴィジョン
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  8. 《An die Musik》のヴィジョン
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  9. 動律法について
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  10. なぜここまで「解釈」する必要があるのか?
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  11. 「スタニスラフスキー・システム」について
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  12. 「音楽性」を鍛える練習
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  13. 「違う」に気付く魔法の言葉
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  14. 音楽がすること 歌詞と音楽の関係〜『オセロ』と《オテロ》の比較から
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  15. 「マリア・カラス」から学ぶこと
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  16. 様式(スタイル)の本質である「よい趣味」への提言
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  17. 「民族」の違いの課題
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  18. 「ヴィジョン編」の総括
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  19. 「ヴィジョン編」の補足『メロ先』について
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  20. 第2章 「技術」編
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  21. 機С敕気良習
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  22. 音符の名前の整理整頓
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  23. 拍子の名前と構造の整理
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  24. 移動「ド」と固定「ド」の生む混乱
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  25. 楽語について
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  26. 「楽譜を読む」という行為の意味
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  27. 供А嵌声」の整理整頓
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  28. 簡単な発声の話
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  29. 「滑舌」について
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  30. ジラーレgirareとは?
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  31. 「ジラーレ」と軟口蓋について
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  32. レガートLegatoについて−sul fiatoの意味
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  33. さらにレガートを練習する
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  34. 日本語の「ん」の表現
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  35. 「鼻濁音」の価値
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  36. 声のポジションの入れ替え
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  37. 「腹式呼吸」について
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  38. 「ヴェリズモ」以前と以降の発声の「進化」
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  39. 掘脳へのインプット
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  40. 倍音と耳の感度の話
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  41. 練習の目的
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  42. 技術の脳へのインプット
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  43. 「技術の脳へのインプット」の注意事項
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  44. 意識と無意識について
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  45. 意識と無意識の境界線を超える
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  46. 再び「練習の目的」とは?
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  47. 第3章 「統合」編
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  48. 「演奏」への転換
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  49. 最高の演奏
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  50. 「ヴィジョン」の醸成−ロケハンの作業
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  51. 「ヴィジョン」の醸成から「歌」へ
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  52. さらに「歌」へのレッスン
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  53. 「微妙な声の誤差」に気付く−自分の声の状態を正確に把握するには
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  54. 「サッバティーニ・メソード」の真価
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  55. 西洋のメソードと邦楽との接点
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  56. 音楽にとって一番大切なこと
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  57. 音楽における「遠近法」の技術を磨く
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  58. 雑念を払う
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  59. 「雑念」を払うために練習がある
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  60. 雑念を払った後に「素敵」が生まれる
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

  61. 「統合」する
    作曲者:國土 潤一
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:
    声部編成:
    伴奏:
    言語1:
    言語2:
    演奏時間:

キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索