キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索 (

Slangpolska efter Byss-Kalle

Slangpolska efter Byss-Kalle

18世紀末〜19世紀初頭にかけてスウェーデンで活動した"伝説のニ
ッケルハルパ弾き"の"Byss-Kalle"(通称)によるスレングポルスカ

ニッケルハルパは独特の形状をした鍵盤つきの弦楽器で、スウェ
ーデンを代表する民族楽器。スレングポルスカというのはスウェー
デンの舞曲のひとつで、3拍子で踊られます。(ポルカとは別物)。
楽しい踊りの雰囲気をそのままに、16分音符や付点のリズムで軽や
かに進む、明快な編曲をされています。
決して簡単な曲ではありませんが、少し踊りや動きを入れながら楽
しげに演奏してください!

パナムジカコード KG9968H
単価 530円
数量:
  • 作曲者:スウェーデン民謡(すうぇーでんみんよう)
  • 編曲者:GARDEMAR, Hans
  • 出版社:Gehrmans
  • 作詞者:
  • 訳詞者:
  • 編成:混声
  • 声部数:4
  • 声部編成:SATB div.
  • 伴奏:アカペラ
  • 言語1:ヴォカリース
  • 言語2:
  • 演奏時間:
  • ページ数:10
  • アーティスト:

曲目リスト

  曲目 作曲者名
1 Slangpolska efter Byss-Kalle スウェーデン民謡

曲目の詳細

  1. Slangpolska efter Byss-Kalle
    作曲者:スウェーデン民謡
    編曲者:GARDEMAR, Hans
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:4
    声部編成:SATB div.
    伴奏:アカペラ
    言語1:ヴォカリース
    言語2:
    演奏時間:

キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索