キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索 (

Caritas patiens est

[パート別最大声部数:S1/S2/A2/A2]
新約聖書「コリント人への第1の手紙」の第13章・4節−8節からテ
キストをとり「永遠の愛」について歌ったこの曲は、作曲者、そし
て人類にとっても最大の関心ごとである「人が亡くなった後、魂は
どこに行くのか」をテーマにして書かれた作品群の一つにあたりま
す。冒頭、変ホ長調で深いため息のように歌われる「Caritas=無
償の愛」で始まった曲は、中間部のクライマックスを経て、再び優
しく心地よい音楽を奏で、最後には永遠の眠りにつくがごとく静か
に終わりを迎えます。
※入荷時より少々表紙に日焼けがございます。あらかじめご了承く
ださいませ。

パナムジカコード FG8033
単価 620円
数量:
  • 作曲者:GYONGYOSI, Levente(ジェンジェシ)
  • 編曲者:
  • 出版社:Kontrapunkt Music Publishing
  • 作詞者:
  • 訳詞者:
  • 編成:女声
  • 声部数:4
  • 声部編成:SSAA div.
  • 伴奏:アカペラ
  • 言語1:ラテン語
  • 言語2:
  • 演奏時間:3'50"
  • ページ数:8
  • アーティスト:

曲目リスト

  曲目 作曲者名
1 Caritas patiens est GYONGYOSI, Levente

曲目の詳細

  1. Caritas patiens est
    作曲者:GYONGYOSI, Levente
    編曲者:
    アーティスト:
    作詞者:
    訳詞者:
    調性:
    声部数:4
    声部編成:SSAA div.
    伴奏:アカペラ
    言語1:ラテン語
    言語2:
    演奏時間:3'50"

キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索