キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索 (
HOME > 復興支援コンサート Harmony for JAPAN 2024
2023年の演奏会で一旦区切りのつけられたHarmony for JAPANが、継続を望む多くのご声援に背中を押され、2024年も開催されます!
東北の合唱団との交流を通して、合唱の楽しさ、すばらしさを共有できる会となるよう鋭意準備が進められています。是非チケットをお求めの上、当日会場へ足をお運びください♪

コンサート概要

復興支援コーラスコンサート「Harmony for JAPAN 2024」
〜継承と創造、さらに前へ
日時 2024年3月2日(土) 17:30開場 18:00開演
   2024年3月3日(日) 09:30開場 10:00開演
会場 京都府長岡京記念文化会館《アクセス
   阪急京都線「長岡天神駅」より徒歩6分
   JR京都線「長岡京駅」よりバス7分
チケット 1,500円(2日通し券)
 
※この演奏会の収益は、Harmony for JAPANを通して被災地の合唱活動支援に用いられます。
復興支援コーラスコンサート
「Harmony for JAPAN 2024」
〜継承と創造、さらに前へ
日時 2024年3月2日(土) 17:30開場 18:00開演
   2024年3月3日(日) 09:30開場 10:00開演
会場 京都府長岡京市記念文化会館《アクセス
   阪急京都線「長岡天神駅」より徒歩6分、
   JR京都線「長岡京駅」よりバス7分
チケット 1,500円(2日通し券)
 
※この演奏会の収益は、Harmony for JAPANを通して被災地の合唱活動支援に用いられます。

HFJ2024チラシ表 HFJ2024チラシ裏

プログラム

■両日共通
・東北からの招待合唱団3団体による演奏、及び合同合唱
(岩手県立久慈高校・宮古高校・釜石高校音楽部合同「つながる」絆合唱団) 岩手県立久慈高校・宮古高校・釜石高校音楽部合同「つながる」絆合唱団
・オーケストラと歌う信長貴富作品7〜ありがとう、空
演奏曲:「先駆者の詩」「夕焼け」「虹」「ありがとう」
指揮:本山秀毅
演奏:Harmony for JAPAN 2024管弦楽団&合唱団
・全員合唱「群青」
※ゲスト:信長貴富(作曲家)、小田美樹(「群青」作曲者)

■3月2日(土)
・合唱団5団体による演奏
・【特別演奏】混声合唱とピアノ連弾のための「二つの祈りの音楽」
 作詩:宗 左近 作曲:松本 望
 指揮:本山秀毅
 ピアノ:木下亜子、内藤典子
 合唱:京都バッハ合唱団、京都大学音楽研究会ハイマート合唱団
・【未来への歌声】未来へ / 群青
 作曲:信長貴富
 指揮:本山秀毅
 管弦楽:Harmony for JAPAN 2024管弦楽団
 合唱:「つながる」絆合唱団、1日目出演合唱団
・連動企画①『群青を歌おう』
 16:00〜17:00@長岡京市立中央公民館3階市民ホール
※詳細・お申し込み方法につきましては、Harmony for JAPAN 2024特設ページにてご確認ください。

■3月3日(日)
・合唱団31団体による演奏
・連動企画②『信長貴富コーラス・ワークショップ』
 12:30〜13:30@長岡京市立中央公民館3階市民ホール
 ※定員に達したため、すでに募集は終了しております。

▶各日の出演団体・演奏曲・タイムスケジュール等の詳細は、Harmony for JAPAN 2024公演ページにてご確認ください。


一般社団法人Harmony for JAPAN 本山秀毅代表理事からのご挨拶

「継承と創造、さらに前へ」
東日本大震災からの復興支援を合唱に特化して活動を継続してきた「Harmony for JAPAN」は、最後となるべき2023年の演奏会の準備を重ねる中で、この活動を支えて来られた人たちから、この中で生み出された連帯や音楽そして何より東北地方の合唱文化に接する機会の意義や成果について多くの声が寄せられました。同時に事務局では皆様のご参加によって蓄えられた浄財を、今後どのように用いるのかについても議論を重ねました。
ご承知のようにその「2023」の催しも大きな成果を残して終えました。大震災からそれなりの時間が経過した今、未だ道半ばの部分はありますが催しとして所期の構想の通り区切りを迎えました。

その上で、ここで得た皆様の思いを礎として継承し、新たな出発を遂げることし、これまで蓄積してきた音楽的な財産、そして東北との合唱を通した貴重な繋がり、そして復興への想いを、われわれの合唱文化の新たな創造を目指す催しを新たに企画いたしました。今回より信長貴富氏が理事として加わられることになり、氏の作品を中心にしたワークショップ等、今後回を重ねる中で、これまで培われたものを生かしながらお示ししてゆきたいと考えています。

従来通り、公募合唱団の演奏に加えて管弦楽と共に歌い上げるステージなど、皆様のご参加があってこその催しとなります。一人でも多くの方々のご参加、ご来聴をお待ち申し上げます。
プログラム

両日共通
・東北からの招待合唱団3団体による演奏、及び合同合唱
(岩手県立久慈高校・宮古高校・釜石高校音楽部合同「つながる」絆合唱団) 岩手県立久慈高校・宮古高校・釜石高校音楽部合同「つながる」絆合唱団
・オーケストラと歌う信長貴富作品7〜ありがとう、空
演奏曲:「先駆者の詩」「夕焼け」「虹」「ありがとう」
指揮:本山秀毅
演奏:Harmony for JAPAN 2024管弦楽団&合唱団
・全員合唱「群青」
※ゲスト:信長貴富(作曲家)、小田美樹(「群青」作曲者)

■3月2日(土)
・合唱団5団体による演奏
・【特別演奏】混声合唱とピアノ連弾のための「二つの祈りの音楽」
 作詩:宗 左近 作曲:松本 望
 指揮:本山秀毅
 ピアノ:木下亜子、内藤典子
 合唱:京都バッハ合唱団、
    京都大学音楽研究会ハイマート合唱団
・【未来への歌声】未来へ / 群青
 作曲:信長貴富
 指揮:本山秀毅
 管弦楽:Harmony for JAPAN 2024管弦楽団
 合唱:「つながる」絆合唱団、1日目出演合唱団
・連動企画①『群青を歌おう』
16:00〜17:00@長岡京市立中央公民館3階市民ホール
※詳細・お申し込み方法につきましては、後日改めてご案内差し上げます。

■3月3日(日)
・合唱団31団体による演奏
・連動企画②『信長貴富コーラス・ワークショップ』
12:30〜13:30@長岡京市立中央公民館3階市民ホール
※定員に達したため、すでに募集は終了しております。

▶各日の出演団体・演奏曲・タイムスケジュール等の詳細は、Harmony for JAPAN公式サイトにてご確認ください。


一般社団法人Harmony for JAPAN 本山秀毅代表理事からのご挨拶

「継承と創造、さらに前へ」
東日本大震災からの復興支援を合唱に特化して活動を継続してきた「Harmony for JAPAN」は、最後となるべき2023年の演奏会の準備を重ねる中で、この活動を支えて来られた人たちから、この中で生み出された連帯や音楽そして何より東北地方の合唱文化に接する機会の意義や成果について多くの声が寄せられました。同時に事務局では皆様のご参加によって蓄えられた浄財を、今後どのように用いるのかについても議論を重ねました。
ご承知のようにその「2023」の催しも大きな成果を残して終えました。大震災からそれなりの時間が経過した今、未だ道半ばの部分はありますが催しとして所期の構想の通り区切りを迎えました。

その上で、ここで得た皆様の思いを礎として継承し、新たな出発を遂げることし、これまで蓄積してきた音楽的な財産、そして東北との合唱を通した貴重な繋がり、そして復興への想いを、われわれの合唱文化の新たな創造を目指す催しを新たに企画いたしました。今回より信長貴富氏が理事として加わられることになり、氏の作品を中心にしたワークショップ等、今後回を重ねる中で、これまで培われたものを生かしながらお示ししてゆきたいと考えています。

従来通り、公募合唱団の演奏に加えて管弦楽と共に歌い上げるステージなど、皆様のご参加があってこその催しとなります。一人でも多くの方々のご参加、ご来聴をお待ち申し上げます。

キーワードで探す

タイトル、作曲者名、パナムジカコードなどで検索できます。

詳細検索